どのクレンジングを使うべき?肌タイプに合わせたおすすめのクレンジングを解説

クレンジングには様々な種類があってどれを選ぶか迷う方も多いのではないでしょうか。
この記事ではクレンジングの中でも特に人気の「オイルタイプ」「バームタイプ」「ジェルタイプ」の特徴やメリット・デメリットを紹介しています。
ぜひクレンジング選びの参考にしてください。

オイルタイプ

オイルタイプのクレンジングは、洗浄力が高いのが特徴で、普段から濃いメイクをしている人やオイリー肌の人におすすめです。

メリットとデメリット

メリットは、強い洗浄力を持ちメイクなどをスルっと落としやすいことです。
デメリットは、洗浄力が高いため、お肌の皮脂まで落としてしまい乾燥肌になりやすいことです。また肌への刺激も強いため、ニキビなどの炎症を起こしている人は悪化させてしまう可能性があるので注意してください。

肌に刺激を与えないためには、すばやくクレンジングすることが大切になるので、商品に記載されている正しい使用方法を守るようにしましょう。

バームタイプ

バームタイプのクレンジングは、とろけるようなテクスチャが特徴で、メイクを落としやすく、洗いあがりがしっとりとしているので、乾燥肌や敏感肌の人におすすめです。

メリットとデメリット

メリットは洗浄力と保湿力を兼ね備えていることです。
クレンジングバームとは、オイルクレンジングを凝固させたものです。使う時にオイルクレンジングのように流れることはなく、肌の上にとどまりやすいのでメイクや皮脂をしっかりと落としやすいのが特徴です。
デメリットは、オイルに比べてテクスチャが固いため、肌をこすってしまったり、肌の上に長時間残ったりしたときに肌の刺激になることです。
バームタイプのクレンジングを使用する際には、肌をこすらないように注意しましょう。

ジェルタイプ

ジェルタイプのクレンジングは、ジェル状で使用感が良く肌に優しいのが特徴で、敏感肌やニキビの方におすすめです。

メリットとデメリット

メリットは、肌への負担が少なく、洗いあがりがさっぱりとしていることです。
デメリットは、オイルなどに比べると洗浄力が弱いということです。そのため濃いメイクの人は洗浄力に物足りなさを感じるかもしれませんが、正しい使い方をすれば肌に負担をかけることなくメイクを落とすことができるので、敏感肌の方はジェルタイプのクレンジングを選ぶと良いでしょう。

まとめ

クレンジングには「オイル」「バーム」「ジェル」など様々なタイプがあります。絵アラブ時には、使用感やメイクの落としやすさだけでなく、それぞれの特徴を理解し自分の肌に合せたクレンジングを選びましょう。

\美容クリニック転職をトータルサポート!/

このコラムをシェアする: